4.6 演習

  1. 時系列データの平均値と標準偏差を計算する関数を書いて、PBSデータセットに適用してみましょう。平均値が最も高い系列と標準偏差が最も小さい系列をプロットしてください。

  2. GGally::ggpairs()を使って、tourismデータセット中のHoliday目的系列の、STLに基づく特徴量同士の関係を見てください。図4.3で示したように、seasonal_peak_yearseasonal_trough_yearをQ1、Q2、Q3、Q4のようにfactor型の表記に変えてください。各州でHoliday目的訪問者数の山はどの四半期ですか?

  3. 特徴量に基づくアプローチを使って、PBSデータセット中の外れ時系列を見つけましょう。「外れ」と特定した系列のどこが普通でないのでしょう?